URACAN-ウラぐちカンたんスペイン語-

暗記いらない。いるのは勢い。読み飛ばしてナンボのスペイン語学習ブログ

親愛なる◯◯や前略とかはスペイン語でどう書くの?【手紙の書き方1】

通じればいいのよコミュニケーションなんて!がコンセプトのURACANだが。対面と違って手紙やメールはあんまりイイカゲンだとヤバい。日本語同士だって下手すりゃコジれるからな。ってことで最低限のマナーは押さえておこう!

本文は…まあ多少文法的に間違ってても許してもらって。で、最初と最後は決まり文句でカチッと締める!そう。名付けて
The★最初と最後だけカッコつけとけ!戦法 

今回は手紙の最初の部分。では、さっそく始めよう(2017/4/21更新)

 1. さいしょのSALUDO(敬辞)

基本は名前で呼びかけよう!(メール・SNSでは省略可)

日本語だと拝啓とか前略とかだけど。

英語だとDEAR...で、...には人の名前が入るよね。スペイン語も一緒。なんせ向こうは名前を読んでナンボのお国柄。会話だってまず名前を呼び合うことから始まる。

◉関連記事◉
言わなきゃ損!呼びかけは超簡単な会話の潤滑油。

この記事で紹介したmi princesa Thelma(私の王女テルマ)とかの、おまけがついたタイプを思い出してほしい。

そこで手紙も一緒。親愛なる◯◯様大好きな◯◯ちゃん、ってな感じに、ちょっと盛って呼びかけて始めよう

 これはもちろんビジネスメールのようなフォーマルな時も一緒だ。え?相手の名前がわかんない場合があるじゃないかって?
それも会話の時と一緒だよ。思い出して。呼びかけの時

Oye, señoritaだの  Perdón, joven だの言ったよね。 

では、そんなフォーマルな場合のときから見ていこうか。

 

フォーマルな場合

- 相手が男性の場合 相手が女性の場合
名前不明 1 Muy señor mío: Muy señora mía:
 〃      2 Estimado señor: Estimada señora:
 〃 複数 Estimados señores: Estimadas señoras:
名前わかる Estimado Sr.Garcia: Estimada Sra.Garcia:
  • どんなときでも最後は◯◯:(←コロン)をつける

  • Estimado/a の他に Apreciado/a Distinguido/a も同じように使える。イメージとしてこの順で丁寧さが増す気がする(Dis...が一番丁寧)

  • 名前も性別もわからないときは
    Muy señores mios :
    男性形・複数にすると問題ない。
    もちろんEstimados señores: ,Apreciados señores:なんかも⭕

  • 相手女性が未婚でも、フォーマルの場合はseñoraである。

  • 名前を書く時は名字だけ。フルネームは書かない。
     ↓
    数回手紙を交わしたりして多少親しくなったら(会ったことなくても)Estimado José: のようにファーストネームだけになる
    ※やりとり3回目で名字から名前に変えてこられた経験あり

  • 肩書きにDoctor/ra や Profesor/ra などが書かれていたら、Sr.や Sra.の代わりにこちらを使う。これ、けっこう重要。向こうはこの辺うるさい。

  • 公職や高い地位に就いている人へは役職名で書く。
    Señor Director / Señora Directora 校長・部長
    Señor Presidente / Señora  Presidenta 社長
    Señor/ra Embajador/ra Excelencia  大使

 

 インフォーマルな(親しい)場合

相手が男性の場合  相手が女性の場合
Mi querido amigo/José: Mi querida amiga/María:
Mis queridos amigos/José y María:(複数) Mis queridas amigas/María y Sara:(女子のみ複数)
Qurido amigo/José: Qurida amiga/María:
Queridísimo amigo/José: Queridísima amiga/María:
  • それぞれAmigo/aの部分を相手のファーストネームや愛称Subnombreに変えてもいいし、amigo/aと名前を並記してもよい。
    例)Querida amiga Marta:

  • 複数のとき、もちろんQueridos amigosなんかも使える

  • それこそインフォーマルなので、親密度にあわせて何でもアリである。
    ¡ Hola Thelma chan! などなど

  • こうした友人など親しい人の場合は、元気?(家族とも交流があれば家族のことも)系のあいさつをこの後に続けるのが普通。
    これまた日々のあいさつの時と一緒。簡単さらりでいいからつけておこう。
    ◉この元気系あいさつの例はこちら
    挨拶で変わる・実践編【試験に出ないスペイン語会話術】  

 

 SNSでの傾向

Twitter、Facebook、LINE(アルファベット圏ではWhat's Appの方が一般的)などや電話番号先に送れるショートメールなどでの傾向を、現在アタシがいるメキシコの例で最後にちょっと触れておこう。

  • せいぜい最初はHola Miyumassi!程度。
  • それすら省略はあたりまえ。
  • 写真だけ、スタンプ一個だけ、なんていうのも日常。

そこでSNSに関しては、あまり失礼のないように…なんて考えなくてイイ。逆にグダグダ書くより簡潔に用件だけのほうが、よっぽどスッキリ。向こう流である。

【おまけ】・・・でもこれが電話だと
どーよ、元気?そうそうあなたの息子はそろそろ卒業ねえ…、(用件)…じゃあ元気でね、だれだれにヨロシクね、今度会うときはアレしましょ、コレもいいかしら、アツくなるから体調には気をつけて、また連絡するわ、大好きよ…
用件は1分、最初と最後で1時間は話しているけどね。

 

2. おわりのDespedida(結辞)

長くなってしまったので、〆の言葉は別記事にしたよ。
良かったら続いてこちらもどーぞ!

3. まとめ

  • 名前を入れるのが基本。わからないときはseñor señora(性もわからない時はseñores)で呼びかける。
  • 最後はコロン(:)をつける。
  • フォーマル・インフォーマルの詳しい言い方は本文の表参照
  • SNSは挨拶なし・用件のみで大丈夫

ということで、手紙やメールの最初。
何ごとも最初が基本だ!ここはしっかり押さえつつ、
本文はビジネス系なら簡潔に。
友だち相手なら間違えようが基本は自分の言葉で。
ヘンに例文を引っぱってくるより、気持ちは伝わると思うんだけど。どうでしょね?

 

とりあえずおしまい!

◉本日の参考文献
スペイン語の手紙の書き方(2002) 坪川 真理子著  ナツメ社
文例が豊富で良書だがネット系の文例少なめ。絶版で1円!

◉関連記事

今回の記事の感想・意見をいただけたらうれしいです。
もし気に入ってもらえたらシェア・フォローも超絶うれしい!
下の各ボタン&ウラカンfacebookページどれもゆるく更新中