URACAN-ウラぐちカンたんスペイン語-

暗記いらない。いるのは勢い。読み飛ばしてナンボのスペイン語学習ブログ

「おごるよ」スペイン語で言ってもらおう・言っちゃおう!

f:id:miyumasi:20170614140108j:plain

割り勘好きな日本と違って、おごり・おごられるのが大好きなラテンの人たち(とはいえ、割り勘をしないわけではない)。

一杯のビールから、高級レストランでの食事、映画などの入場券…いろいろな場面で使える「おごるよ」または「おごって!」の言い方を見てみよう。

 「おごるよ」スペイン語の言い方5選!

1. (Yo) te invito.

まずは一番の鉄板(テッパン)表現。
invitar=おごる(招待する、頼むなどの意味もある)

親しい人からそうでもない人(そのときはteをusted形のleに変えよう)まで誰にでも使えるので、まずはこれだけ覚えれば十分だ。

より具体的に言いたいならこんな感じ。単語をイロイロ変えて言ってみよう!

  • Te invito la entrada.入場料はボクのおごりだ。
  • Te invito un trago.一杯おごるよ。
    ※trago=一回に飲み込む量・酒
  • Te invito a tomar algo.なにかおごるよ。

Estas invitado. これも私のおごりですという意味

おごってくれる?=Me invitas?
特に初対面の人にいきなりこれを言うのはどーかと思うが、友達だとか言える雰囲気なら、さわやかに言ってみてもイイ。

ちょっとブレイク

実際、アタシはスペイン語武者修行(?)時代、毎日のようにオジさんだの兄ちゃんだのにコーヒー一杯、 ビール一杯をおごってもらい、ひたすら会話に励んだものだった。

ただ本当に見ず知らず の人におごってもらう時は気をつけて。自称ドイツ人と友達になって飲みにいったら、トイレに立った隙に薬を盛られて目が覚めたら身ぐるみはがされて病院だった、という日本の男の子に実際スペインであったことあるよ(おうちのひとに送金してもらい、大使館に行って帰るだけのパスポートを発行してもらったと言っていた)。

対策としては

  • 妙に日本語が上手だったり勧誘がウマすぎたら、ちょっと疑う
  • 外で話が決まってどこかの店に行こう!となったら、その人のいいなりではなく自分で店を選ぶ
  • 店の人と変によそよそしかったりアイコンタクトがないか、それとなくチェック
  • トイレなど、途中で席をなるべく立たない
  • アヤシいと思ったらさっさと帰る
  • パスポートや大金を持ち歩かない

気にし過ぎで旅を楽しめないのも悲しいけど、イヤな目に遭うのはもっと悲しい。自分の身は自分しか守れない。アンテナはどんなときでも張っていてね!

f:id:miyumasi:20170614140142j:plain

2. Hoy es mi turno.

今日はボクの(私の)番です=おごるよ
turno=順番・番(英語のturn)

これも誰にでも使えて、単語もカンタン。
また今日、というところを今(ahora)に変えて

Ahora es mi turno.

とすれば、カラオケで、ゲームで…「よし、次はボクの番だ!」というときにも使える便利フレーズだよ!

Hoy es tu turno.=今日は君の番だよ=おごってね

 

3. Hoy me toca.

ここからちょいと中級編。
tocar=触る・ピアノやギターを弾く、の意味のほか(順番・役割が)+aに当たる、という意味があり、2とほぼ同じなんだ。

Hoy me toca el turno de pagar.が全文。

Hoy a quién le toca? 今日はだれの番?(誰が払うの?)

Hoy te toca?今日は君の番(おごってくれる)?

 

4. Déjame pagar.

ここではpagarを使った言い方を見てみよう。
pagar=(金を)払う

じゃあ、コレでいいのでは?↓
Yo pago.
一番簡単だよね。でも両親とかに言うならいいけど、普通は直接的すぎるので使わないほうがいい。

でも他の動詞が思い出せないっ!
pagarしかアタマに浮かばない!

そのときがコレ。Déjame pagar.
dejar=〜の状態にさせておく

直訳すれば「私が払うままにさせておいて」
つまりここは私に払わせて=おごるよ

スペイン語圏の人は、このdejarが大好き!そのうちこれだけでひとつ記事を書こう!

Déjamelo a mi.ここは私が…!って感じ。
 食べ終わって勘定書が来た。相手がそれを取ろうとしたときに、それを押さえてこのひと言。意味はDéjame pagarと一緒。

f:id:miyumasi:20170614140230j:plain 

5. (Yo) te picho. ※メキシコ弁

文の形も意味も、1. のYo te invitoと全く同じなんだけど、メキシコ限定表現でお願いしますっ!(また友達限定がいいかも)

なぜデカ文字で念を押すのか?

pichar=invitar なのはメキシコとせいぜいベネズエラくらい。
そもそもこの単語。フツーの辞書には載ってない(試しにキミの辞書で引いてみよう)。どうもラテンアメリカで使われている動詞なんだけど、国によって意味がかなり違うのね〜

  • =lazar(投げる)ドミニカ 
    英語のpitcher(ピッチャー)から来ているらしい
  • =enojarse(怒る)パラグアイ
  • =ignorar(知らないでいる)プエルトリコ

このヘンはいいの。問題はコッチ↓

  • =orinar(いわゆるトイレの小をする)チリ
  • =hacer el amor(いわゆるHをする)エクアドル・コロンビア

どしぇえーーー。ここまで単語の意味が違うのか!
参照:Pichar - AsiHablamos.com - El Diccionario Latinoamericano

あ、メキシコでは大丈夫。フツーに女の子も使って平気だよ。でもね〜、そういうことなので、チリやエクアドルやコロンビアでは特にやめておいた方がいいかも…。

さらにブレイク
これ、スペインではフツーの動詞のcogerをメキシコでは使わない方がいいのと一緒。メキシコでcogerはコロンビアのpichar。このヘンもそのうち記事にしよう!

あああ、どんどん脱線してしまった。
まとめよう。

 

まとめ & おまけ(割り勘の言い方)

「おごるよ」のスペイン語での言い方

  • Te(le) invito.だれにでも使える万能表現。
  • Te picho.メキシコ限定表現。
  • Yo pago.は直球すぎ。pagarを使うならDejame pagar.
  • 他にもHoy es mi turno. Hoy me toca.など

【おまけ】「割り勘にしよう!」

Pagamos a medias.(二人で)半分ずつ払おう。
Vomos a pagar entre todos.みんなで払おう。など

さてさて一番大事なのは、誰が払うかではなくって、どんな楽しい時間をだれと過ごすか。こんな誘い文句をきっかけに、どうぞ楽しい時間をラテン世界で、ラテンの人々と過ごしてね〜!

おしまい。gracias!

おごりませんがご一緒にポテトもいかがですか?★

「美味しい!」の単語5つ×言い方3通り 
乾杯をスペイン語で言って盛り上がろう! 

「どうぞよろしく」をスペイン語で言ってみよう!
「いいね!すごい!嬉しい!」喜び・ほめ言葉10選!